補助金ガイド

小規模事業者持続化補助金の申請書類を作成する方法や手順

2021/8/10

2021/10/19

この記事の監修

株式会社SoLabo 代表取締役/税理士有資格者田原広一(たはら こういち)

お客様の資金調達支援実績4,500件以上 自社でも、
小規模事業者持続化補助金や事業再構築補助金の採択をされている。

小規模事業者持続化補助金の申請において申請書類が多く、注意すべきポイントもあり、作成するのが大変です。また、指定通りに作成していないと、不備と見なされ、不採択にもなりかねません。そこで今回は、小規模事業者持続化補助金の申請書類の作成方法や手順、ポイントについて記入例を挙げながら解説します。

小規模事業者持続化補助金の申請に必要な書類

小規模事業者持続化補助金の申請においては、下記書類が必要です。ここでは単独申請の場合で申請者全員が必要書類を説明します。

  • 小規模事業者持続化補助金事業に係る申請書(様式1-1)
  • 経営計画書兼補助事業計画書①(様式2-1)
  • 補助事業計画書②(様式3-1)
  • 事業支援計画書(様式4)※
  • 小規模事業者持続化補助金交付申請書(様式5)

※様式4に関しては商工会議所が作成するものです。

他にも賃上げ加点の付与を希望する事業者は以下の書類も必要です。

  • 賃金引上げに係る表明書(給与支給総額)
  • 賃金引上げに係る表明書(事業場内最低賃金)

さらに事業承継加点の付与を希望する事業者は事業承継診断票など、経営向上計画加点の付与を希望する事業者は経営力向上計画の認定書が必要です。

申請書式は以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

申請書式ダウンロード|小規模事業者持続化補助金

様式1-1 小規模事業者持続化補助金事業に係る申請書

引用:小規模事業者持続化補助金|申請書式ダウンロード

小規模事業者持続化補助金の申請書の一つ目として、まず申請における誓約書としての書類です。記載する部分としてはあまり多くありません。

ポイントとしては、日付は送付する日を記入すること、法人の場合は印鑑に社名の入った印鑑を使うことの2点です。社名が入っていれば、代表印でも角印でも、種類は問いません。この印鑑は他の提出書類でも同じものを使わなければならないという点には注意しましょう。

なお、個人事業主の場合は代表者個人の印鑑で構いませんが、シャチハタは使用できないことになっています。仕事用の正規の印鑑を使用しましょう。

様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書

引用:小規模事業者持続化補助金|申請書式ダウンロード

まずは応募者の概要を記載します。法人番号は法人の場合のみ記載し、個人事業主の場合は「なし」と記載します。マイナンバーを記載しないように注意しましょう。

また日本商工会議所や補助金事務局からの連絡(電話やメール)が、連絡担当者宛てに行われますので、電話番号やE-mailアドレスなど間違いのないように注意しましょう。

下部の青い欄は赤字の通り、採択審査時に加点を申し込む場合、または代表者の年齢が満60歳以上の場合のみ記載しましょう。

引用:小規模事業者持続化補助金|申請書式ダウンロード

株式会社の場合、株主名簿の提出、または出資者と出資比率の記載が必要です。出資者と出資比率の記載を行う場合は、出資者全員の名称と出資比率両方の記載が必要となりますので、漏れないように書きましょう。

引用:小規模事業者持続化補助金|申請書式ダウンロード

様式2の下部には顧客ニーズや経営方針、具体的な施策について書く欄があります。企業概要に関しては、定休日や従業員数、売れ筋傾向や商品の情報、顧客の方向性などを書いておきましょう。この書類を見た担当者が納得できるように、数字による根拠を挙げつつ説明を行うことが必要です。

 顧客ニーズと市場動向に関しては、どのような顧客が多いのか、顧客は何を目的に訪れているのか、顧客の多い時間帯や売上高の高い商品傾向、近隣の競合の情報との比較といったデータを示しましょう。アンケートを取っている場合アンケートでの人気や意見についても触れると書きやすいです。

 自社の提供する商品やサービスの強みの欄は、自社の商品やサービスのウリだと思うポイントをプレゼンするつもりで書きましょう。

また、店舗を持っている場合は店舗の立地条件や、近隣の競合他社と比較して優れているポイントについても書いておくと担当者にも分かりやすいです。

経営方針と今後のプランの欄では、現状がどういう状況で、どういった方針で動いていくのか、という情報を目標と今後のプランに分けて書き込んでいきます。具体的にいつまでに何をどうするのか、という点が分かりやすいように書きましょう。

引用:小規模事業者持続化補助金|申請書式ダウンロード

様式2の最後には、補助事業の内容を記載する欄があります。補助事業で行う事業名は、30字以内で簡潔に行う事業名を書きます。

 販路開拓のための取組内容は、補助事業で具体的に何を行うのかを書きましょう。単価や目標売上についても書いておくと具体性が増して分かりやすくなります。

 業務効率化(生産性向上)の取組内容に関しては、任意記入とありますが、事業を効率化するためにどうするのか、という課題は必ずあると思いますので、作業時間や作業工程について記入するようにしましょう。

 最後に、補助事業の効果の目標と予測を書き込みます。抽象的な目標だけでなく、売り上げ高や売り上げ数など、具体的な数値のある目標を示しましょう。

日本商工会議所会による小規模事業者持続化補助金のホームページでは、海鮮居酒屋、カフェ、割烹料理店、宿泊業、旅行業、カラオケ店の記載例が掲載されています。自身の事業計画を作成する前に、目を通しておくのがよいでしょう。

様式2-1(海鮮居酒屋)|小規模事業者持続化補助金

様式2-1(カフェ)|小規模事業者持続化補助金

様式2-1(割烹料理店)|小規模事業者持続化補助金

様式2-1(宿泊業)|小規模事業者持続化補助金

様式2-1(旅行業)|小規模事業者持続化補助金

様式2-1(カラオケ店)|小規模事業者持続化補助金

事業計画書の書き方については下記記事で詳しく解説していますので、ご確認ください。

小規模事業者持続化補助金 一般型における事業計画書の書き方を解説

様式3-1 補助事業計画書【経費明細表・資金調達方法】

経費明細表

引用:小規模事業者持続化補助金|申請書式ダウンロード

様式3は経費の明細を記入する書類です。経費区分のところに規定された経費区分を書き込み、次いで内容・必要理由、経費内訳、補助対象経費の欄を記載します。経費区分の入力は、経費の種類名を書くだけでなく、経費区分に割り振られている経費区分番号(①~⑬)を書くことが必須となっています。書き忘れないように注意しましょう。

経費区分

経費区分には以下の中から各費目を記入します。

  1. 機械装置等費
  2. 広報費
  3. 展示会等出展費
  4. 旅費
  5. 開発費
  6. 資料購入費
  7. 雑役務費
  8. 借料
  9. 専門家謝金
  10. 専門家旅費
  11. 設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)
  12. 委託費
  13. 外注費

「補助対象費合計」と「補助金交付申請額」は「補助対象経費」の列から自動で計算されて入力されるようになっています。そのため、各項目の補助対象経費を間違いなく入力できれば、数値の計算をして入力する必要はありません。

日本商工会議所会による小規模事業者持続化補助金のホームページでは記載例があり、多数の経費区分を掲載していますので、参考にしましょう。また経費明細表も審査項目ですので、補助対象外経費を計上していたり、金額に誤りがあると、審査に影響しますので、ご注意ください。

様式3-1|小規模事業者持続化補助金

資金調達方法

引用:小規模事業者持続化補助金|申請書式ダウンロード

資金調達方法の入力では、まず右の「補助金相当額の手当方法」から埋めていきましょう。補助金は後から支給されるものですので、補助金が支給されるまでの間、一時的に自己資金や金融機関からの融資で資金を賄わなければなりません。これが「補助金相当額の手当方法」です。

「補助金相当額の手当方法」の欄に記入すると、その合計額が自動的に左の表の2の欄に入力される仕組みになっています。経費明細表で計算された「補助対象費合計」と金額が同額になるように記載しましょう。

「補助対象経費」の残りの欄は、補助金で賄う分以外の経費の調達方法ごとの金額を記載します。合計額が「補助金交付申請額」と1円単位で同額になるように計算して埋めましょう。

様式5 小規模事業者持続化補助金交付申請書

引用:小規模事業者持続化補助金|申請書式ダウンロード

様式5では、社名や代表者名、記入日などを記載します。また、5の「補助事業に関して生ずる収入金に関する事項」の項目では、補助事業の結果収益が生じた場合に補助金の交付額が減る「収益納付」の対象となる可能性があるかどうかを書きます。補助事業で収益が上がる場合はほぼ該当するので、「(1)あり」に〇をつけてしっかりと書いておきましょう。

参考様式-1 賃金引上げに係る表明書(給与支給総額)

引用:小規模事業者持続化補助金|申請書式ダウンロード

加点を狙う場合の賃金引き上げ計画の表明書です。通常の申請では必須ではありませんが、加点を狙う場合に必要です。従業員に対する過去1年間の給与支給額と、補助事業終了後に賃上げを行った後の予定支給金額、増加率を記載します。もちろん、実現可能な範囲である必要があります。

参考様式-2 賃金引上げに係る表明書(事業場内最低賃金)

引用:小規模事業者持続化補助金|申請書式ダウンロード

こちらも賃上げに関する表明書です。地域内の最低賃金と自社の最低賃金の差額を広げることを宣誓するものです。こちらは割合ではなく差額そのものを表記するので、間違えないようにしましょう。

この記事のまとめ

小規模事業者持続化補助金の申請に必要な書類は複雑で書くのには大変な労力がかかります。しかし、しっかりポイントを押さえて記入することで申請が通る可能性を上げることもできます。申請が通りやすくなるように、分かりやすく根拠のある記入を行いましょう。

小規模事業者持続化補助金に関する疑問や相談

補助金の申請はどうしたらいいの?
私も申請できる?
準備は必要?
何から調べればいい?

「小規模事業者持続化補助金」にまつわる疑問や不安、
お悩みをサポートします。
まずはお気軽にご相談ください。

share!!